経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

先日滋賀県のお付き合い先に訪問した時のこと。

約半年くらいお話しをしていなかった女性スタッフと面談する機会をいただいた。
2店舗体制になり会社の雰囲気なども変わっただろうなと思い、
いろいろと教えていただいた。

どの会社でも良くあることだが、
ある店舗の雰囲気が少しギスギスしている様子だった。

皆さんにお話しを聞かせていただくと、
どうも誰それがもっと気を使えば・・・とか
最低限誰でもできるようなことだけでもやってもらえれば・・・
言っても言っても直らない・・・
など人に依存した意見が多数あがってきた。

このようなことがあるので、会社での仕事を楽しんですることができないと。
イライラしてしまうと。


私もそうだったが、私ならこのように動く!
私ならこれくらいの気を使う!自分と他人を比較して考えている時があった。

入社当時、新卒からスタート1年は勝負だと思ったから必死に働いてきた。
しかし、この考えを押しつけても受け入れられない。
人の置かれた状況によって考え方は変わるのだと考えられるようになってから人との接し方が変わった気がする。

生まれてから死ぬまでずっと頑張れる人なんていないと思う。
だとすれば、頑張る期間も頑張ろうとする時も人によって変わる。
人によっては、スタートは様子を見ながら頑張りすぎず、
徐々に加速して頑張ろうとするタイプもいるだろう。
また、プライベートの状況によって仕事も頑張れたり、そうでなかったりする人もいると思う。

賛否両論はあるだろうが、
私は基本的にはすべて自分の考え方次第だと思っている。
今置かれた状況を楽しめるかどうか。
それは考え方次第だろう。

他人は人の良いところ・悪いところを極端に見て比較してしまう。
正直全部自分都合だ。

人によってはやらなければと思ってはいてもやれないこともある。
でもだからといってダメ人間かというとそうでない。
社内の人間からしたら役立たずと見えていても、
外にいくと評価が変わるかもしれない。

ミスがあるからかわいげ気があり、お客さんをつかめているのかもしれない。
完璧な人間が仕事を取ってこれるかどうかなんて分からない。
人間なんてそんなもんだと思う。
だから、会社には様々なタイプの人間が必要で、支えあっていかなければならない。

悪いところを見つけるのは簡単だ。

私がコンサルタントとして一番初めに叩き込まれたことは、
会ってはじめにその会社の良いところをどれだけ見つけられるかだ。
欠点を指摘されて伸びる会社・人なんていない。
それよりも良いところを褒めて欠点を欠点でなくすか、
そんなことどうでも良いと思えるようになってもらうかが重要ではないか。

嫌なところを見つけるのは本当に簡単だ。
しかし、そんなことを見つけるのが上手くなっても気持ちがめいってくるばかりだ。
そんなことに労力を使うぐらいなら、良いところを見つける名人になりたい。


女性スタッフとお話しをしていながらそんなことを感じて話していた。

すると女性スタッフから、私の立場で会社を見て良いところってなんですか?
と聞かれた。それは是非自分で探してもらいたいと思っているが、私なりに考えてみると。

・社員が人間的に信頼できる人ばかりで、財布を盗まれるなどを考えなくて済む環境にある
 (こういう心配ごとがあるとストレスが溜まるし、案外そのような会社も多いと思う)
・会社がつぶれる心配をしなくても良い。(年間売上目標などしっかりと立てて取り組んでいる会社なんて建設業界にはまれ)
・女性の正社員が自分だけ。(会社に好きなことを提案できる)
・毎晩遅くまで残業があるわけではないので、好きなように時間を使うことができる。
 (プレイベートを楽しむこともできるし、スキルアップにあてることもできるのでは?)
・バリバリに仕事ができる人ばかりではないので、いつも劣等感に苛まれる心配がない。
 (これも案外ストレスじゃないでしょうか)
・営業に移ることもできるし、職種のバリエーションがある。
・社長から期待されているし、信頼されている。
 (社長が言いたいことを変わりに言ってくれて助かるという評価があるような)


上記事柄も基準があって言っているのではない。
夜遅いという言葉一つとっても、何時がその人にとって遅いかなど分からない。
ようは自分の近くにいる人(ちっぽけな世界)と比較して判断しているのだと思う。

妬みが入るような他人比較をすることにメリットはないと思う。
自分がより頑張るためにあの人はあれだけ頑張っているのだから頑張ろうという発想は良いと思うが・・・

自分は恵まれていると思っている方が幸せだ。
入るのが難しいといわれている会社に勤めて劣等感に苛まれるより、
そんなことを感じずに気分良く仕事を出来ている方が幸せだと感じたい。

仕事を楽しめるかどうか。
人生を楽しめるかどうか。
それは自分の考え方ではないだろうか!?

少し生意気ではあるが、そのような考え方を書いてみた。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月30日 12:30

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


ホームページが出来るまでと言いながら、3週間ほどブログを書いていなかった。
ソフトリンクのホームページに移行する時ややこしくなるという理由をつけてはいたが、
本音は休憩できてホッと一息という一面も。

しかし、毎日書いていたことを一旦止めるとまた慣れるのに時間が掛かる。
これからリハビリを兼ねてしっかり書いていこうかと。

ブログが空いている期間はソフトリンクのホームページの文章を必死に作成していた・・・
毎日嫌になるほど文章三昧。
しかしやりきると気分爽快!?

これからコツコツとまた再開します!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月29日 01:12

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


まだヤフーなどに登録していないので存在はあまり出てきませんが、
株式会社ソフトリンクのホームページが完成しました。

このアドレスをクリック下さい。
http://www.sl-consulting.co.jp/

さらにこのブログをホームページに移行させます。
是非ご覧下さい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月21日 23:03

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


株式会社ソフトリンクのホームページが出来ましたので、
このブログをホームページに移行させます。

アップ予定は22日です。
サイト情報は後日アップ致します。

お楽しみに!!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月16日 22:56

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


3連覇がかかったこの大会。

準決勝!
素人目に見たら良く分からん判定。
なぜ相手が組まないのに谷にだけ反則?

明らかに試合中、
谷もえっ!という表情をしていた。
そして、それが効いて負けてしまった。

しかし、気持ちを切りかえ銅メダルはスパッと気持ちの良い1本勝ち。

応援団には笑顔で応えていたが、この結果には全然納得いっていないような様子。でも、インタビューでは言い訳をまったくしない。審判への愚痴も言わない。

一流になればなるほど決して他人のせいにしなくなるように見える。
すべてを自分のせいと考えられるのだろう。
また、そのような考え方をしないと成長しないのだろう。
誰だって言い訳はしたくなる。
それをグッとこらえ笑顔で受け答えができるようになるまで清心鍛錬がなされているようだ。

そしてその姿を見た時人はグッとくる。
感動する。
アテネオリンピックで井上康生が負けた時もその後に続く選手の応援を必死に行っていた。
それを見て人は感動するし、その人の器を感じる。

真剣に取り組んでこそいろんな経験ができ、
負けようがこのようなかっこいい姿になれるんだなぁと。

そんな人間に成長していきたいと強く感じる。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月 9日 16:16

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


『仕事を取るのとこなすのとどっちが重要!?』
これは仕事をしていく上で究極の悩みかもしれない。

仕事がたくさん取れた時、次はその商品を納めなければならない。
そしてその仕事をこなすことに力を入れすぎていると次の仕事がなくなる。
用はバランス良くやる必要があるのだが、
要領が良いと思いすぎている人ほどバランスを考えすぎて受注制限をしてしまうことがある。

仕事はこなせるかな!?少し厳しいかも!?って思うくらいの量を抱えていないと、
こなせる量も質も向上しない。
そうすることでより生産性を高め、仕事をこなすのが早くなり、
受注活動へ力を注ぐことができる。

このバランスを考えるのは個人に任せていてはダメだ。
ほとんどの人間が力をセーブしてしまう。
上司が上手く仕事のバランスを誘導し、
仕事のデッドラインを常に作っていかねばなるまい。

弊社の社員もまだまだこのデッドラインの作り方があまい。
今日できる仕事を明日、週末の仕事を週明けに伸ばしてしまう。
1週間あれば1日は余裕な日を作れる余地がある。
その日を作り出すことができれば、より違う仕事へ力を注ぐことができる。

より成長するために・より社員に成長してもらうためにも仕事のバランスをうまく保ちたい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月 6日 16:29

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今大阪のとある市の福祉施設部会の方たちとメディアの活用を考えている。

福祉は今相当イメージダウンしているので、
採用しようにも人がいないという現状がある。
それを打破するために部会のメンバーあげてそのイメージアップのための啓蒙活動を試みている。

せっかくするのだから、新聞やテレビなどにも取り上げてもらい、
本来福祉とはこういう仕事なのだという現状を知ってもらい、
それに共感する人を増やしていきたいと。

そのためにメディアにイメージが訴求できるプレゼンツールを作成するための内容をつめている。
自分達の活動や商品の良さを考えるというのはやっているうちに楽しくなってくる。
こう伝えようとか、このような写真があれば分かりやすいのではないかとか。
とにかく前向きな話をしていると気持ちも前向きになり、
今度はこのようなことをしていきたい!という気持ちにもなる。

うまくメディアに取り上げてもらいたいものだ。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月 5日 15:57

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


最近米海軍基地からの問い合わせなど変わった案件もくるようになってきた。
スポンサーサイトで出すエリアを少し広げたのと、
SEO対策が功を奏したのであろう。

ホームページを出してから、WEB上で
毎月1万円くらいの広告宣伝費を使っている。

しかしまだまだやりたい対策はたくさんある。
プレスリリースの配信も行いたいし、
大手ポータルサイトの利用もまだやり切れていない。
資金繰りを考えながらリスクになりそうなことはまだ行っていない。

しかしどうせやるなら早い方がよい。
費用対効果を最大限に生かす方法を日々模索中である。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月 4日 10:23

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


(株)近畿エコストは今回り切るのが大変なほど営業案件を持っている。

それは、お客の中で紹介をもらえるキーマンを2人作ったからだ。
キーマンが2人になった瞬間大きな変化が生じた。

まず案件が尽きなくなった。
ホームページからの問い合わせなどもあるが、
それらをスケジュールの隙間に入れ、
常にお客と会っている状態になった。

そして、それだけ案件がたくさんあると、
次は、どう効率良く案件をこなすか!という発想になる。
今月はお盆休みもあるので、休みを取るため日曜日にもアポが入っている状態。

今後は社員の身体を気遣い、モチベーションをいかに維持しつづけるかがポイントとなるであろう。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年8月 1日 10:13

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ