経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

先日山形へ結婚式によばれて行ってきた。
5年近くのお付き合いになる社長が結婚された。
私より2歳年上の社長だ。

披露宴会場には200名という大勢の方が来られていた。
その人脈の広さに驚いた。
私の席のとなりの方も山形では老舗の菓子屋で、
14代続いている会社の次の社長になる方だった。

このような方が多数来られていたのに驚いたのと、そのような方は本当に腰が低く、
挨拶まわりで半分以上席にいないぐらいみなさんにご挨拶されていた。
会話もどんな方とも楽しそうに話されているし、
コミュニケーション力の高さを実感した。

大阪との大きな違いは、披露宴の長さだ。
山形では3時間以上があたり前のようで、
大阪では約2時間という短い時間で終わるのに比べ本当にゆっくりと時間があった。

合間合間にゆっくり時間を取ることによって、
皆がコミュニケーションを取り合っているようだ。

都会と田舎では良いところもそうでないところもいろんな違いがあるもんだなと感じる。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月29日 02:19

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


とある会社でのホームページからの問い合わせについてのお話し。

具体的な内容が書かれ、それなりに急いでいる様子の問い合わせメール。
送られて来たのが正午すぎで、気付いたのが夜19時以降。
なので次の日に連絡を入れたら、もう他社に決めましたとのこと。

ホームページには、『お急ぎの場合は直接お電話下さい。』と書いてある。
しかし、このようにメールでお問い合わせが入る場合もあることを経験した。
特に緊急性を要する商品やサービスを掲載している場合、
1時間以内には連絡を入れる必要があるのだと感じた。

このようなケースは年間数件あるかないかだと思うが、
せっかくの案件を逃がさないように、
そしてお客様の需要(緊急性)に応えられるよう対応策を考えなければならない。

顧客心理は、予期せぬケースが起こるので、
実際にこのように経験しなければ分からないことが多い。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月26日 02:50

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


前職時代からお付き合いのあるベンチャー企業の社長とお会いした。
もう4期目なのだから、ベンチャーと言ったら失礼か・・・
立派な企業の社長だ。

その社長ともう一社、大阪の近くの会社の社長と3人で夕方会って、
晩食事をした。

さすが4期を迎えている会社はいろいろな事業を進めている。
大手メーカーとタイアップする話を進めるために大阪に出張で来られていた。
おそらくこのような話を数本は同時に進めているのだろう。

先日のブログにも書いたが、
直近のお金を作ることは非常に大切である。
しかしながら、将来へ向けてのに動きにどれだけ経営陣が時間とお金を割けるか、
そして収益事業を作り出すかは長い目で見たらもっと重要だ。
このような循環が作れている会社は、
常にビジネスが進歩しているし、利益を生み出している。

この社長は24歳くらいで経営者になり、
苦労しながら大きくなっている。

私より5歳くらい若いが社長歴は3年程先輩になる。
いつもパワーをもらえるし、もっと頑張らねばという気持ちにならせてくれる。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月25日 11:30

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日とある神戸の施設さんと打合せをしていた。

グループで老人ホームや総合病院を複数運営されている企業だ。
関連会社の近畿エコストが節水対策で全施設を任された。
そして今年の夏場に全施設ほぼ対策完了したのだが、
とある問題が。

有料老人ホームやグループホームの中で、
光熱費は使った分だけ利用者で分担し、
あまった分は返還しなければならないというもの。

節水したとしてもそのコスト削減した費用は、利用者に返還しなければならない。
そうすると導入費用だけ施設が負担し、コスト削減メリットは利用者が享受する。
始めから分かっていたら施設側は取り組まないだろう。

我々は、それは理解した上で施設サイドも導入してくれているものだと思い込んでいた。

しかしながらそれを担当してもらった方が知った時にお詫びの電話がなった。
正直ビックリしたが、それはこちらも思い込んでいたという非があるので仕方がない!
それ以外の施設もたくさん導入していただいたので、
こちらも大いに助かった。
お互い様というところだろうか。

担当の方は申し訳ないというお詫びを言ってくれたばかりか、
何とかお客さんを紹介して返してくれると言っている。

今期見込んでいた売上が減少した。
それが吉と出るか凶と出るか。

社員は販促費と思えば、結果オーライなんじゃないと。
頼もしい限りだ。

私の本心から言えば、売上は助けてもらったし、
大いなる勉強をさせていただいたのだからもうプラスだと思っている。
でも、紹介していただけるのならこんなありがたい話はない。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月24日 01:20

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


起業してから強く感じたことがある。
それは伸びている会社や一流会社は、
営業された時の対応や業者さんへの対応が丁寧だ。

住宅関連の会社様をお手伝いしているが、
この業界で嫌いな言葉がある。
それは下請けという言葉。
下という字が入っている時点で明らかに上から目線。
そのような会社さんとやり取りしている理由は、
自社でこなせないからだ。
ならばなぜ協力業者さんではないのだろうか。

お互いビジネスである以上、お互いがなくては進まない仕事であるはず。
それならば会社の規模はどうであれ対等な立場として扱うべきだろう。
これを下請けなどという言葉があるから、社員も勘違いしてしまう。
自分達が使ってやっているのだと。
中には目上の人に向かって、若い社員がキツイ言葉を吐いたりしている。

しかしこのようになってしまったら会社は衰退してしまう。

協力業者さんなくしてビジネスが成り立たないから協力を仰ぐのだから、
協力業者さんには感謝しなくてはならない。
そしてお互い気持ち良く仕事をできるように、お互いが努力しなければならない。
お互い気持ち良く仕事ができる間柄になると、
協力業者さんにこの会社の仕事はキッチリしなければと思ってもらえるのだ。

会社は関係する会社からひいきされるようにならなければダメだ。
そのため互いを尊重し、気持ち良く仕事ができる工夫をする。
こんな簡単なことをやれていない会社が多い気がする。

だから、まずは言葉づかいに気をつけることから始める。
そうすれば少し今までと気持ちが変わるだろう。


銀行などにも同じことが言えると思う。
金を貸してやっているのだという姿勢で対応している銀行マンが多い。
しかし、本来は利息がつくのだからお互いビジネスだ。
それならば逆を言えば金を借りてやっているのだ。

これも関係会社を軽視しているからこのような対応になるのではなかろうか。
だから、そのような対応をしている融資担当がいれば、
全体が注意していかなければならない。

お互いが何事にも感謝する。
この姿勢を忘れている会社は必ずあとで大きなしっぺ返しがくるだろう。
今銀行はしっぺ返しがきているが・・・


私が起業し営業をしていて感じるのは、
一流の会社はどんな人であってもお客様という発想で、
丁寧に対応をしてもらえる。
その半面、人間として考えられない対応をされることもある。

そんな対応をされたら、絶対にこの会社に関わりたくないと思う。
敢えてうらみをかっても何もトクがない。
ならば断るにしても丁寧に関係を保っていた方がトクだ。
損得だけでなく、そのような気持ちの人には同じようなことが返ってくる。

関係する会社や人たちみんなで感謝しあえる。
そのような関係を築いていきたいと思う。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月22日 01:51

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


ソフトリンクホームページへ
是非ご訪問下さい。

今までと同じようにブログを書き綴っています。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月20日 02:03

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


経営をしていて重要だと思うことがある。
それは目先の利益を生み出すことと、目先利益にならないが将来のために準備すること。
このバランスが非常に難しいが重要だ。

目先の利益だけを追っていると、業績が傾いたら一気に転げ落ちていくだろう。
そうならないために将来に目を向け、時流を読む必要もあるし、
新しいビジネスを創出しなければならない。

今利益をあげていても、
会社のやり方がまったく1年間で変わっていないような会社は必ず淘汰される。

今日本という国が資金繰りに負われている。
しかも解決方法を誰も分かっていない。
そのような国でビジネスを行っているのだから、
政策がどのように変化しても対応していくしかないだろう。

となればフレキシブルに対応できる会社にしておかなければ、
自分達に不利な状況になった時対応不能に陥ってしまう。

どこまで会社のリスクを考えきれるか?
本当にいざとなったら銀行にある金を取り上げられるかもしれない!
ぐらいのことを想定しておかなければならないと思う。

そのためには海外のことも知らなければならないし、
日本にいても日本だけのことを知っていれば良いという時代ではない。

話が多少逸脱しているが、
弊社は自分達の時間が許す限り、
たとえ営業電話であっても丁寧に対応し、
会える時間があるなら会うという方針を取っている。

営業一つとっても新しい情報をたくさん持ってきてくれる。
もちろん中にはうさんくさい話も混じっている。
しかし、時間があるならという前提ではあるが、
営業を受けるということは、様々なことに目を向ける良いチャンスだ。
これは一見無駄な動きではあるが非常に重要なことではないだろうか!?

営業電話、飛び込み訪問を馬鹿にしちゃーいけない。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月19日 01:29

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日新大阪の書店で本を物色していたら、
前職の上司と出会った。
執行役員をされている方だ。

あまり前職時代話したことはないが、
声を掛けてもらい、面白い書籍を紹介していただいた。

丁度気持ちが緩んでいたところだったのでそれにピッタリの本だ。

『君に成功を贈る』 
中村天風 述  日本経営合理化協会出版局

中村天風氏が講演されているのを形にした本だ。
人生成功の哲学が面白おかしく、心に響く。
経歴を見ても本当に様々な経験をされていて、
巻末についている天風成功金言100選は会社に張り出しても良いなと感じる。

是非興味のある方は読んでください。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月18日 02:43

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


紹介というのは2つのパターンがある。

1、お客さんになってくれた人が商品に満足し他社などを紹介してくれるパターン。
2、知り合いの知り合いに話を勧めてもらい紹介をいただくパターン。

1の場合は、実際に紹介者がその商品に満足している場合が多いので、
紹介してもらった人にも伝わりやすい。
結果、スムースに話が進む。

しかし、2のパターンは紹介者との人間関係がどのようなものかによって状況は変わる。
完全に人間関係が出来上がっていていれば1の場合と変わらないが、
それほど懇意にしている仲でない場合は、紹介をもらっても何ら信用がない状態だ。

そして、商品やサービスを実際に体感していないので、紹介元が良さを伝えることができない。

紹介客を増やしていこうという取組みで動いていたが、
やみくもに2のパターンを増やしても結局商品やサービスの質が他社より優れていて、
さらにそれを伝えるすべを持たないと売れない。
新規営業とそれほど変わらない。

逆に、営業は1の紹介者をたくさん増やせば自然と売上があがってくる。

そのために商品やサービスの質を高める努力も常に必要だ。
お客を作ることと質の向上のバランス!
本当に難しい!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月17日 05:47

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


電話復旧致しました。ご迷惑をお掛け致しました。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月17日 04:07

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


隔月発行のベンチャーファクトリーニュースという新聞(新聞の定義は知らないが)がある。

これは今時流に乗っているベンチャー企業の社長の記事や広告などが書かれている。
読者の大半もベンチャー企業だ。
私も興味があり、半年くらい前問い合わせてみた。
すると、購読申し込みはしていないが、たまに送られてくる。(すみません)

この記事に書かれている企業を見ると単純なネット系の企業が少ない。
ネットをうまく活用し、人材採用やその他付加価値をつけたサービスを提供している会社はある。
ITバブルがはじけたと言われているが、
単純にインターネットの普及に伴い売れたサービスがなくなっただけで、
他社には真似のできないサービスを不可しているところはまだまだ儲けていそうだ。

結局ITバブルも大量生産大量消費と同じで、
売る人がいる間しかもたないやり方しかしていなかっただけで、
工夫をしなかった会社が淘汰されただけのような気がする。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月16日 05:27

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


昨日ホームページを見て突然の問い合わせが。

何と私が前職で新卒1年目の時にお世話になった女性スタッフさんからだ。
実は弊社ホームページを作成する時も手伝ってもらおうと探したが、
連絡先が分からず断念した。

思えば叶うというのか、
向こうから連絡を取ってきてくれた。
本当にありがたいお話しだ。

というわけで膳は急げというか、今日4、5年ぶりに再会して呑んでいた。

ホームページで恥ずかしながら顔を出していたおかげでこのようなこともあるんだなと。
人と人はどこでつながるのか分からない。
偶然に感謝したい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月12日 11:37

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日は大阪市内にあるホテル兼料亭さんのところへ。

その近くに中央卸売市場があるので、
この会社に訪問する時はちょこちょこと昼飯を食べに行っている。

市場の人が多いかと思いきや、
外から車で食事に来る人がほとんど。
中には100年の歴史のあるお鮨屋があって、
先日は何人もの人が行列を作って並んでいた。

昼だからリーズナブルかと言うと結構なお値段。
お任せで1皿5貫で1,000円。
もちろん一皿でお腹いっぱいになる人はおらず、
だいたい3、4皿食べている模様。

店の回転も非常に早く、
30席くらいが3から5回転しているのではないだろうか。
その日が比較的混んでいたのかもしれないが、
年商を計算すると結構な金額になる。

坪単価が異常に高い。
これだけ旨いものを出し、伝統を守り、儲けている飲食店もあるんだと感心した。

不況不況と言われているが、それは工夫次第でどうにでもなるんではなかろうか!?


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月11日 07:11

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


本当にたわいもないことだが、お酒の席でのこと。

お店の現状を詳しくは知らないという状況で、
コンサルとして話しを聞いてお応えしていた。

『こうしたらどうですか?』と話しをすると、
それはこうこうだから無理。
『じゃ?こうしたらどうですか?』と話すと、
それもこうこうという理由で無理と。

しかし、前提が分からない段階で話をしているのだから、
もちろんできないこと、お店の方針と異なることなどあるだろう。

でもこのような状況で話を聞くなら、どういう話の聞き方が良いかというと。
頭の中ではこれはちょっとできないかもな!と思っても、
『それはいいアイデアですね。そんな仕方もあるんですか。』とか、
『うちはこうこうこういう現状なんですけど、どうやったらそのアイデアを使えますかね?』
などと聞いている方が、話す方が話しやすい。

結局いろんな情報をうまく聞ける人というのは、
相手にどう楽しく話してもらうかだ。

それをちょっと話を聞いただけで、
それは無理と言われると、話す気が無くなってしまう。
それが3回連続くらいで続いたら別の話題の方が良いなと思ってしまう。

話を否定するというのは本当に難しい。
もちろん自分の意見を通さなければならない場合もある。
しかし、討論をしているのでなければ、できるだけ否定をせず肯定し続け、
楽しく話しを盛り上げていくことの方が重要ではないだろうか。

そのようなコミュニケーションを心掛けていると、
また話がしたいな、この人と話していると楽しいなと思ってもらえる。
そうすることで、良い情報が集まってくると思う。

得てして情報通の人は話を引き出すのが上手だ。
そのような人の聞き方は、うまく話に相槌や質問を交え、
楽しく話しができるようにしむけている。
そうすることで話すつもりがなかったようなことまで引き出しているんではないかな。

そのようなことを話しながら感じた。

人のフリ見て我がフリ直せとは良くいったもので、
非常に勉強になった。
聞き上手になりたい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月10日 01:09

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


ソフトリンクホームページを公開して約2週間ほど経った。

Yahoo!JAPANのディレクトリ登録も済ませ、
準備万端。

ブログや新着情報をコツコツと更新。
すると『経営コンサルティング』というビックワードにも関わらず、
Yahoo!JAPANで2ページ目まであがってきた。

トップページまでくるようになれば何か大きな変化が起きそうな気がする。

おそらくページ更新頻度が高いことが要因だと思われる。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月 9日 10:31

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


大垣市へ出張。

最近近場への出張が多く、全然飛行機に乗っていないので寂しい思いが・・・
特急ひだでの旅。
唯一直通でいける列車だ。

それはさておき、
今日お手伝いさせていただいている会社は、
売上の部門が3つある。
そのうちの一つがマイナスを出しているので、
その部門を縮小し、一番利益をあげている(あがるであろう)ところに集中させる改革を行っている。

そうなると今までその部門で働いていた人達が今までと異なる仕事をしなければならない。
そこに反発も起こるし、その説明をしなければならない。
そして、場合によっては会社を辞められてしまうかもしれない。

正直社長のつらい仕事の中の一つだ。
つらいけどやらなければ会社の未来がない。

そのような改革を毎月進めている。
つらいけどそれらをやりきった時、大きく会社が変わるであろう!?


また、私が常々言っていることがある。
それは、会社は3つの部門で収益をあげなければならない。
そうしないと一つの部門が悪化したら、会社が傾くという結果に陥る。
そうならないためにも常に3つの柱を作り続ける必要があると思う。

この会社の場合2部門に集中させた後は、
もう一つ新規事業を立ち上げなければならない。

このような循環で会社は存続していくのだと思う!!!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月 8日 11:17

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


ソフトリンクのホームページがやっと立ち上がった。
今のところ関連会社の近畿エコストと比較してアクセス数は約半分である。

ソフトリンクと近畿エコストで相互リンクをはっているのであるが、
近畿エコスト経由でのアクセスがその3分の1を占めている。

まだまだ対策を何も施していない段階であるが、
思った以上にこの段階でアクセスが取れている。

今後ディレクトリ登録とスポンサーサイトを活用し、
SEO対策も手掛けていく予定だ。

これらを活用したら、
ソフトリンクのアクセス数が約2倍に。
そして、近畿エコストのアクセス数が120%にUPする予定である。

そうなった時に近畿エコストにどう良い影響が出てくるのか楽しみである。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月 5日 01:49

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日は丸亀市に出張。

いつもお昼に讃岐うどんをご馳走になるが、本当においしい。
敢えて昨日大阪の立ち食いうどんを食べた。
やはりコシが違うことを実感!

そんなことはどうでもいいが、
学習塾でのこと。

今年に入ってからいろいろと工夫し販促物を作っている。
特にチラシは毎回文章に力を入れている。

今までにたくさんのチラシを作ってきたが、
多少拙くても自分で文章を作ったりアイデアを取り入れたチラシの方が反響がある。
他社の反響が高かったチラシを参考にして、
自社のオリジナルを入れないで作ったチラシはなぜか当たらない。

ホームページもそうだが、自社で更新をしているホームページの方が受けが良い。
もちろん業者に任せる部分は必要であるが、
全部丸投げすると自社のオリジナリティーが出てこないのだろう。
特に人間くささの部分が出てこない。

それだけが要因ではないが、
結局人は何を判断するにしても人としての部分を大切にしているのだと思う。
そして、それが伝わった時思いもよらない問い合わせが入ったりする。

そんなことを感じながらマーケティングのお手伝いをしていた。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月 3日 05:16

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


エド・はるみの24時間マラソン特番がやっていた。
福田首相が辞任して会見も気になりながら見ていた。

彼女はまだデビューして何と2年とは。
それなのに、何年も前から24時間マラソンを走りたいと思っていたし、
それをいろんなところで話していたようだ。

もちろん口に出しても叶わないこともあるだろう。
しかし、願わないと実現することはない。
有言実行!
私の好きな言葉だ。

こんな遅咲きの人が夢を叶えられるというのは、すごく勇気が出る気がする。

彼女の人生はデビューして売れてから激変している。
2月から1日も休んでいないようだ。
夢には描いていたが、1年前には想像もしていなかったことだろう。

そんなことを今自社と置き換えながら見入ってしまった。
頑張って何かを実現させている姿を見ると人は感動する。

夏にこのような番組が多いのは、
夏バテ気味の人にとってのカンフル剤なのかも。
元気をつけてもらった気がする。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2008年9月 1日 11:19

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ