経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

今日、社員の元職場で一緒だった人と会う機会があった。
22歳の若さでWEB会社を立ち上げて今約1年を向かえようとしている。

WEB会社を立ち上げたと聞いた時はありがちだと思っていたが、
想像をはるかに超えて素晴らしい取り組みをしていた。

普通WEBの作成はトップページのデザインからはじめ階層のページを1ページずつ手作りをするという形で、人手を何人か抱えながら作成する。
それをこの会社はシステムを組むことで、ほとんど手作業なしに作成することができるというのだ。
究極のコストカットをなしえていた。
WEB業界の価格破壊だ。
それらのシステムをほぼ独学で作成したというからすごい。
天才だと思う。もちろんすさまじい努力をしたそうだ。

WEB作成において原価はほぼ人件費。
それをカットできたのだから、粗利率が非常に高いビジネスを展開できる。

初期投資に多額を掛けることなく月々という形でフィーをもらってもビジネスが成り立つ。
WEBの仕事を完全に定期収入の形に変えることに成功している。
他社でも多少月々のフィーをもらえているところがあるが、
それはどちらかというとSEO的な対策に対するコンサルティングフィーで、
作成に関しては最低でも数十万円は初期の段階でもらっている。

この若さでこのビジネスの枠組みを作ったのは本当にすごいと思う。
しかも、1年掛からずして。

10歳以上歳が離れているが、私では到底できないことをできている。
これには相当良い刺激をもらえた。

今後、上手くビジネスパートナーとしてやっていければと心底思った。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2009年9月24日 11:52

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日社員と今後のビジネスについて語り合った。

最近仕事を少し惰性でこなしている感があり、たるんできていた。
私も含めての話だ。
私への戒めでもあるのだが、社員を叱咤激励し、
もっともっと成長するためにギアチェンジをしていこうと話し合った。

今後新規に何をしていくのか相当ビジョンを示し、
行動レベルに落とし込んでみた。
するといろんな案が浮かび将来の展望が見えてきた。

これだけ強くぶつかりあったのは起業して初めてというくらい真剣に話をした。
真正面から真剣にぶつかりあうこともたまには必要だと感じた1日だ。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2009年9月18日 12:10

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日はとある建築会社と打合せ。

建築の仕事を請け負うのではなく、
一般消費者が建築会社に上手く言いくるめられ、
相場より相当高く買わされたり、
倒産のリスクを負うような資金の支払いにならないように、
業者や金融機関を含め正当にジャッジするサービスを行なうというもの。

私自身この会社のサービスがどのようなものかはじめは分からずやっていたのだが、
サービス内容を分かりやすく噛み砕いてヒアリングしていくと、
分かりやすい企画書が出来上がった。
そして、サービスの素晴らしさが良く理解できた。

このサービス自体世間ではまったく知られていないものなので、
今後どのように広がっていくのかはまだ未知数だが、
WEBなどを活用し上手く広げていこうと今後の戦略を練っている。

正直枠にまったくはまらない仕事は大変だが、
私は新しいもの好きなので、やっていて本当に面白い。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2009年9月17日 12:17

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


近畿エコストは今、福祉施設をメインに省エネ対策を行なわせてもらっている。

しかし、今年5月末くらいにはインフルエンザの影響で施設に外部の者が入るのを制限された。
今年も秋口からこの傾向がもっと強くなるかもしれない。

そこで、今から他の業界への仕事もいただかなければならない。

安定しすぎると逆に何か予期せぬことが起こった時対処できなくなる。
1つに固まりすぎるのはリスクも伴う。
事業の柱は最低3つは持たないと、どこかの事業が減退する時にそれを吸収できなくなってしまう。
そして、仕事先の業種も3つ以上もたねばならない。

すべて3を軸に経営は展開していくものだと感じる。
弊社も今後どう展開していくのか変革期なのかもしれない。

インフルエンザが様々なことを考える良いキッカケとなっている。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2009年9月 3日 07:18

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ