経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

ワールドカップに熱中し、寝不足の人が増えている。
私もその一人だ。
デンマーク戦は本当に見ていて面白い試合だった。
日本にとってこれ以上ない展開と、
スターがスターらしいプレイで日本中を魅了したと思う。

ワールドカップは昔から楽しみにしている。
アルゼンチンのマラドーナのプレイが面白く、
小学生の時夜こっそりテレビをつけて見ていたのを思い出す。

それが、今や日本も出場できるようになり面白さが倍増した。

開催前は日本代表が不調で思いっきりたたかれていた。
それが、今や大会のダークホースにまでなっている。

岡田監督に非難が集中していたが、
始まって見るやその不調がどこへいったのやら大躍進を遂げている。

ピンチの時こそ大躍進のチャンスとはよく言ったものだ。
各国ができないことを岡田監督はやってのけた。

それは、過去の名プレイヤーに固執するあまり、
現在最も調子の良いプレイヤーを使うことができなかったり、
若手に素晴らしい経験をさせる、成長のチャンスを奪ったりしてしまうことだ。

ベテランは過去の経験や実績もあり安定性があると思う。
それに対して、若手の起用にはリスクを伴う。

このバランスが非常に難しいとは思うが、
リスクともうまく戦いながらバランスを取っていかなければならない。

今回のワールドカップでの失敗例として
フランスなどがひどかったように思う。

逆に日本は、あまりにもひどい状況が功を奏したのか、
中村俊介をスタメンから外し本田を中心選手として起用、キーパーも川島を使うなどの采配を振るうことができた。
勇気のある決断だと思う。

サッカーの監督業は、経営者と同じだ。

若手とベテランの融合体をうまく作っていかなければならない。
また、未来を考えたチームづくりをするなら、
若手に経験もつませないといけない。
私には、人材採用や教育とまったく同じに見える。

また、過去会社に貢献した人で今それに甘んじてあぐらをかいている人などを放っておきっぱなしにしていては会社は良くなれない。
つらい決断をしなければならない瞬間がある。
そういうギリギリの決断をしてきた時に人も会社も飛躍するのだと思う。

岡田監督の選択が素晴らしかったと評されるが、
私は少し違うのではないかと思う。
そのようなギリギリの決断をするからこそ覚悟ができ、
その方針を信じて動けるようになったのではないだろうか。
要は腹をくくることができたのだと思う。
今、その覚悟が自信に変わってきている。

日本代表チームという会社がこの2ヶ月程で大赤字から超優良企業へと大躍進していっているように見えてならない。
岡田監督という素晴らしい経営者の手腕をあと何戦見れるのだろうか?

日本代表チームにはこのまま快進撃を続けて欲しい!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2010年6月25日 20:55

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


とある府の協会から弊社のホームページを見てお問い合わせがあった。
協会の会員メーカーさんなどへセミナーや勉強会を行ったりと積極的に活動されている。

協会の歴代会長さんは著名人の方ばかりだ。

そのような協会の方から、
弊社の業務内容や、私の略歴などを見ていただき会ってみたいと言っていただいた。

そして、一緒にセミナーを企画できないかということで打ち合わせを行った。
企画されているセミナーはだいたい5時間ぐらいという。
今まで最長で3時間ほどしかしゃべった経験がないので、
準備にどれくらい時間が掛かるのだろう???という考えが頭をよぎったが、
それ以上にやってみたいという興味の方が強い。

おそらく私がエコ会社を一から立ち上げ、
軌道にのってくるまでに行ってきたことなどが上手く伝われば多少なりともお役に立てるだろう。

秋ぐらいに実現できればと今から楽しみに思う。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2010年6月 1日 00:07

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ