経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

中ノ島にあるビアガーデンで元会社の同期に誘われて異業種交流会に参加した。
ビアガーデンと言っても川沿いにあるので涼しい風が吹いていて気持ちよく飲めた。

外資系住宅部材メーカーの大阪所長さんや、
設計士さん、
工具を専門に扱う通販会社の社長さんなどなど年齢もバラバラで
いろいろな人に出会えた。
最近このように知らない人ばかりの交流会に参加する機会がなかったので、
新鮮な気持ちになれた。

通販なんてもう競合だらけで商売にならないだろうと思っていたが、
ニッチな切り口はまだまだ残っているのだなぁと感心した。
弊社の関連会社の近畿エコストは環境商材を法人相手に販売している。
一般ユーザー向けの商品はまだない。

切り口を変えて一般ユーザーを相手にできるような商売も考えていかなければならない!


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2010年9月22日 14:03

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


今日とある会計事務所のホームページ作成の手伝いをしていた。

ホームページの骨格は決まり、
各々のページで使う文章を作成してもらったものを確認した。

さすが会計士さんだけあって文章はしっかりとしている。
私はどちらかというと口語で書いたりとくだけた文章が多くなる。

1つ感じたのは、
ホームページをどうのような人に検索してもらうのかを考え、
検索して訪問してきた人に向けて書かれていないということだ。

士業の人たちのホームページを見ていて思うのは、
自分たちが出来ることや書きたいことを書いてしまい、
それが訪問者にどう見られているのかや理解してもらえているのかは考えられていないことが多い。

そのような視点を持つためには、マーケティングの発想を持つことが必要になる。
誰に何を告知し、どう誘導し買ってもらうのか。
店舗だけでなくホームページにもそのような視点が必要になる。

つまり、作っただけのホームページには何の意味も持たない。
ホームページは、出店と同じ意味をもつ。
リアルな店舗と考え方は同じだ。

新店をオープンしたら売れると考える人はいないだろう。
もちろん設計する段階から工夫が必要となる。
その後オープンしてから、チラシなりで告知しキャンペーンなどをうち、
客数や客単価をあげる努力をするだろう。

ホームページ戦略とはインターネット上への出店であり、
作成している段階は、設計している段階と同じだ。

その後完成させてからの運営もしっかり練らないとお店は続かない。

まだまだ序盤戦!
やらなければならないことがたくさんある。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2010年9月17日 13:48

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ