経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

先日に引き続き、飲食店開業の相談があった。

今度は四国からのお問い合わせだ。
フードコートが新しくでき、そこに出店したいという相談だ。

簡単に電話で話しを聞いていると、
無理のない融資額であるし、
十分に勝算のありそうな開業条件だ。

というかすごく儲かりそうなにおいがする。

私はなるべく直接会って話しを進めたい方だが、
今回はさすがに会いにいくことができないので、
電話とメールでやり取りをすることになった。

またまた楽しみな案件だ。


攻略テクニック的なことは、
日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)融資塾のホームページをごらん下さい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2012年3月23日 00:45

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


1月末くらいに依頼を受けた飲食店の案件の結果が出てきた。

500万円借りたいとのこと。

まだ、店はオープンして3ヶ月しかたっていないが、
売上げは順調に伸びている。

当初の手持ち資金が400万円だったので、
限界がその倍の800万円。

売上げ規模が月商100万円くらいなので、
普通なら300万円くらいが妥当なところだろう。

しかしながら、どうしても500万円が必要とのこと。

そこでいろいろなストーリーを考え、
希望額満額借りることができる戦略を組み立てた。

資料も万全の準備をし、面談に挑んだ。

絶対に500万円が必要で、それがなければ必要ないというスタンスで挑んだら、
本当にそのような質問をされてしまった。

『もし希望額が出なければ借りるのをやめますか?』
と質問されたようだ。
これって金額減らせっていう脅迫か???
こんな質問するなよって思う。

私の思いはさておき、当の本人は、
『それはこまるので金額が減ったらそれから戦略を考え直します』
と答えたようだ。

この回答は難しい。
私なら、必要ないですと答えたかもしれない。
おそらくそうは言っても減額した金額で貸しにくると予想する。

しかし今回は、どちらが正しい答えだったかは分からないが、
見事に希望額の500万円の融資を受けることができた。

また一つリアルな良い経験が出来た。

攻略テクニック的なことは、
日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)融資塾のホームページをごらん下さい。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2012年3月 5日 18:36

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ