経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

今日は長浜へ出張
7月末決算の住宅リフォーム会社。
スタートダッシュで思惑が外れ、目標予算に届いていない。

営業会社なので、多少の運不運もあるので、数字のブレはある程度は仕方がない。
だからといって目標に届かなくて手をこまねいていても、勝手に売上げがあがるほどあまくない。

私は月に1度のペースで訪問し、年間イベントスケジュールに従ってDMやチラシなどの
細かな部分のつめを行う。
そして、目標に届いていない時に次なる施策を考えるのだが、
その打ち合わせから売上げがたつのは、どしても数ヶ月先になってしまう。

これでは、営業案件が少ないときに営業の手が空いてしまう。
そこで、私の訪問とは別に営業会議をひらき、
営業案件が少ない時には営業自ら小さなイベントを企画し、
自分たちで営業案件を作れるようにしましょう!!
という提案をした。

予算をそれほど使わないイベントなら多少の失敗はOKなので、
とにかく受動的に待つのではなく、自分たちから動くが大切だ。

営業案件の開拓から、受注まで営業自らがこなすのは難しいかもしれない。

しかし、すべてを自分たちでやっている会社もある。

では、なぜそれが可能なのか?

それは、社風によるところが多いように思う。
役割分担が当たり前と思っている会社は、
営業マンが企画をすることは自分の仕事ではないと考えてしまう。

しかし、会社に入った時からそれが当たり前と思わされていたら、
そのような考えにはならないだろう。
今までと違う試みをする時は、会社の常識が邪魔をする。
その常識を変えるにはエネルギーが必要だ。

つまりは、社長が社員に根気よくやらせ続ける覚悟をしなければ会社の常識は変えられない。

次に行く時に、どのような企画がなされているか楽しみだ。


ポチッとひと押し願います。


(株)ソフトリンクの三島がなるべく平日毎日経営コンサルティング日記をお届けします
関連会社 節水・節電で省エネを!(株)近畿エコストのホームページもご覧下さい。

By 三島 唯資 on 2012年11月15日 19:13

| | Comments (0) | TrackBacks (0)


▲ページトップへ